友人の紹介

友人の紹介は成功率が高い

結婚式や友達から恋人を紹介されたときなどに、必ず話題になるのは二人が知り合った経緯です。
共通点が多い場合は理由も想像しやすいですが、全く接点がない人同士が恋人同士の場合、なぜ交際に至ったのか経緯が気になるという人も多いでしょう。

特にいま恋人がほしいけれど出会いがない、結婚を真剣に考えているからこそいい出会いをする機会に恵まれたいと思っている人は参考にしてみましょう。
新たな出会いの方法として恋愛の成功率が高いといわれているのが友達からの紹介です。

成功率が高い理由としてまず挙げられるのが、信頼度が最初から高いということです。
大事な友達に異性を紹介したいと考えたとき、自分と同じように友達を大事にしてくれる人を選ぶでしょう。

相手のことを信頼できると確信できる人でなければ紹介はしません。
最初から相手に対する不信感などが少なく、自分の心も開きやすいでしょう。
そのため早く恋愛にも発展しやすく、成功率も高いといえます。

類は友を呼ぶ

長く友達として付き合っている人とは、友達になったきっかけとして様々な共通点があります。
趣味や服装、考え方や雰囲気など似ていると感じる部分が多いからこそ同じ時間を多く過ごす友達関係を保つことができています。

自分と感覚が似ていると思っている友達がいいと思って紹介してくれる人は、自分にとってもいいと感じることができる可能性が高いです。
よく類は友を呼ぶといいますが、長い人生の中で夫婦となる場合ともにいる時間が長くなります。
同じ価値観や同じ目線に立って物事を考えることができる人は結婚後も生活環境や考え方が似ているためうまくいきやすいといえます。

また友人の紹介の場合は、自分の好みの女性や恋愛パターンなどを良く知っているため、自分に合うだろうなと思う人を紹介してもらうことができます。
友達同士も類は友を呼ぶため、初めて会ったのに初対面の様な気がしないと思うような出会いにつながる可能性があります。

デメリットをあげるとしたら

友人の紹介の場合は、メリットがとても多いことは想定できます。
そして成功率も高いため、あまりデメリットがないのではと思う人が多いでしょう。
しかしデメリットをあげるとしたら、もしうまくいかなかったときに発生する可能性が高いです。

もし相手側に交際を断られてしまった場合、その理由や経緯を自分が話さなくても友達同士で話が伝わってしまうことになります。
自分の恥ずかしいことや情けないことを知られることが嫌という人にとっては、デメリットになってしまう可能性があります。
また自分が相手にお断りをしようと思った場合、友達とその後の関係性や友達に対して申訳がないという気持ちが強くなってしまう人もいます。