不運から幸福へ

green-214134_640

発想の転換で不運を幸運に

運が悪くで病気や怪我をしてしまったときは、それ以上は運が悪くなることはありませんので、時としてそこから恋が芽生えることもありますので、自分はいつも運が悪いなあとネガティブにならないで不運を幸運に変えていくようにしましょう。
不運を幸運に変えていくのは自分自身なので、どのような場所に出会いがあるか分かりませんので、積極的になって行動をするようにしてください。

例えば怪我や病気をして病院に行ったときに自分の好みの看護師さんと出会える可能性もあります。
自分が好きになってしまった看護師さんと連絡先を交換して実際に付き合って結婚までしている人もいます。
また女性の場合は医者と出会って恋人の関係になった人もいます。
このように怪我や病気をしてしまったら男性でも女性でも病院で出会ったというエピソードはたくさんありますので、自分には関係ないと思わないでしっかりと出会いを求めていきましょう。

財布を落としてしまった人のエピソード

人生で一番不幸なことは財布を落としてしまったときです。
財布は現金だけではなくカードなども入っていますので、財布を落としてしまったらお金のことも心配してしまいますが、クレジットカードや銀行のカードをストップしなければいけない手続きも面倒です。
しかし財布を落としてしまったという不運は出会いのきっかけとなる幸運に繋がっていきます。

財布を拾ってくれた人と運命的な出会いをした人もいますし、財布を取りに行った交番の警察官と運命的な出会いをしている人もいます。
財布を落として不運だったと思っていた人がその後に運命的な出会いをしてカップルとなって結婚したエピソードもあります。
実際に財布は落としてしまったかもしれませんが、そこには自分自身で拾わなければいけない恋がありますので、財布を落としたことに対して嘆いてばかりでなく積極的にアタックした人には幸運が待っています。

幸運の前に立ちはだかる不幸

不運と幸運は紙一重で幸運の前に不幸な出来事に襲われてしまう人がいます。
何で自分だけ不幸になってしまうんだと思っていると、突然幸運の出来事が起こってしまうのでとても不思議な体験をした人は多いです。
その幸運が素敵な人と出会うことができる幸運の場合もあります。

その幸運は自分から掴まないとすぐに逃げていってしまいます。
何もアクションを起こさなければ不幸のままで終わってしまうので、不幸の後には必ず幸運がやってくると常に意識して、生活をすることで素敵な出会いが訪れる可能性が十分考えられます。
不幸と幸運は紙一重ですから、必ず不幸が起こったら次には幸運がやってきますので、必ずその幸運をしっかりと自分自身で掴みとっていきましょう。