合コンで名前を覚えてもらう方法

合コンで好印象を目指したい

誰一人知り合いがいない中で、自分のことを紹介するのはなかなか勇気がいることではないでしょうか。
合コンは、こういったこともあって、参加を戸惑うかも多いのかもしれません。
知っている人がいれば、場合によってはその人と話しをして場をもたせることもできるのですが、一人であればそれも難しい。
その結果、ポツンとしてしまうことに耐えられないのです。

しかし、こういった場面は、恥をかきながらも何度も経験していると、次第にどんと構えられるようになってきます。
そして、自分の良さを上手にアピールできるようになってくることでしょう。
そんな人を目指して、好印象を与えることができるコツを見つけてみたいと思います。

まずはともあれ、自分の名前を覚えてもらうことが大切です。
とはいえ、数多くの名前がありますので、一度聞いただけではなかなか覚えられないのが事実かもしれません。
かといって、何度もお名前を質問するのも、相手の方にとって失礼なように思えて何だか気が引けてしまう。
こういった理由から、名前を覚えられない人に話しかけられにくくなるのです。

これは、反対の場合にも同じことが言えます。
つまり、あなたの名前を覚えてもらえないと、周りの人はあなたに名前を質問するのが申し訳ないと思い、話しかけにくくなるということです。
これは、せっかくのチャンスをもったいない状態していることでもあります。
ですから、名前を如何にして憶えてもらうか考えることは、とても意味があることだと言えるのです。

自己紹介

自己紹介をする時は、ただ名前を口にするのではなく、何か印象を付けられるものを添えて話すのがオススメです。
例えば、どのような漢字を書くのか軽く説明するのも良いでしょう。
或いは、珍しい名前だったり難しい名前の場合は、ちょっとした名前の意味を付け加えて見ても良いでしょう。
こうすることで、より名前を覚えやすくすることができます。

また、人の印象とは、何を話すかだけでなく、どんな風に話すか、誰が話すのかといったことも大きく影響してきます。
例えば、どんな風に話すかについて紹介すると、声のトーンやスピード、活舌なども挙げられます。
また、誰が話すのかについてですが、人は音よりも視覚から多くの情報を得ていると言われています。
ですから、印象が良い姿で話すことも大切になってきます。

清潔感があることや、優しい雰囲気、明るくて健康的な雰囲気などもが大切。
また、姿勢や所作などにも気を付けることが必要です。
指先は美しく。
背筋は、ピンと伸ばして歩きましょう。

乱暴に取り扱ったりするのも、避けることが大切です。
そして、素敵な笑顔で話すようにしてください。