運命の話

これは運命かもしれない?

これって運命かも?と思うような出会い方、したことありませんか?
ドラマではよくある話ですが、普段の生活じゃ「運命の出会い」なんて体験できた試しがないという方が多いでしょう。

実は運命の出会いなんてたくさんあるんですよ。
リアルに運命の出会いを体験して、結婚の話まで進んでいる方も。

偶然とか運命って聞くとなんだかドキドキしますよね。
女子はそれくらい運命に理想を描いていることでしょう。
でも男性も「運命の出会い」はドキドキするものなんです。

現実世界の運命の出会い話を聞いてみませんか?
あなたもいつどこで誰と、運命の出会いを果たすかわかりませんよ。

「運命を感じる」ってどういう意味でしょう?
よく、「ビビッときた」とか「運命を感じた」なんて言いますけど、経験したことがない方にはどんな感覚なのかわからないでしょう。

経験のない方は、経験者の話を聞くのが早い!
どんな瞬間にその運命の出会いを感じ取ることが出来るのか、現実世界で運命に出会った人のお話を聞いてみましょう。

現実世界で起こった運命の出会い

運命の出会い方をしたという2人のお話を見てみましょう。
ドラマだと展開が面白くないかもしれない、でも現実世界であったお話だからこそ、ドキドキするお話です。

中学の頃に家庭教師をしてもらっていた、当時大学生だった先生に密かに憧れていた。
その家庭教師の先生と、数年後に再開し今では恋人になっているという運命の再開をしたお話があります。

再開とはいえど10数年以上たってからのこと。
男性も覚えてくれていたようで、見違えるほど大人の女性になったと二人、心惹かれあっていたそうです。

同級生や当時の学校の先輩や後輩など、再開しても「運命だ」なんていう方は少ないでしょう。
でも、普段出会うことはなかったであろう家庭教師だからこそ、運命を感じたのかもしれませんね。

どこにでもあるコンビニエンスストアで出会ったという方も。
よくいくコンビニに、同じくよく来ている男性を意識するようになり、言葉を交わしたことはないものの顔を覚えるくらい、見かけるようになったそうです。

普段は行かない映画を遠くの映画館へ見に行くと、その映画館にコンビニでよく見かける彼が。
彼はその女性と同じ映画を一人で見に来ていたようで、意気投合し今では結婚の話まで進んでいるのだとか。

「そんな偶然あり得ない」と思うような出会いも、普段の生活にはいくつもある話なんです。
ドラマや映画の世界でのお話ばかりじゃないんですよ。

空から運命の人が舞い降りてくることは100%なくっても、運命の再開や意外な出会い方をして意識してしまうなんてよくある話なんです。