出会い方

偶然

スタンフォード大学教授の理論

スタンフォード大学の教授は「偶然を運命に変えることができる、運命の出会い方」について理論を出しています。
この理論をもとに、運命の出会いを果たした方は数多く、成功の秘訣として根付いています。

周りに異性がいないからだとか、出会いがないだとか。
運命の出会いは偶然ではなく自分から掴むものだというスタンフォード大教授の理論を参考にしてみましょうよ。

このスタンフォード大教授の理論は3つのことから成り立っています。
一つは、「人生の成功は偶然によって8割が作られている」ということ。
二つ目は「偶然は待つものではなく、自分から良い偶然が起きやすくなるように行動したり、偶然という気配を察知してチャンスを増やすもの」だということ。
三つめは、「偶然を活用してなるべく成功へとつなげていくこと」です。

偶然は簡単に誰でも作ることが出来るんです。
それを運命に変えることで、恋愛の一ページを飾るにふさわしい出会い方ができると言っています。

運命は偶然からもたらされる必然

偶然がただの偶然で終わっては意味がない。
偶然が起こるときに、興味を持ち、チャレンジして、ポジティブに考え臨機応変に動くことで、それが運命へと変わります。
運命は、行動を起こすことで偶然からもたらされる必然へと変わるんです。

運命の出会い方が出来る人

運命の出会い方ができない人には特徴があります。
例えば、「○○じゃないとダメ」「○○はイヤ」「○○だと無理」なんて相手を否定する人です。

そういった固定的な概念や否定的な考え方は、偶然を無駄にしていると自覚しましょう。
運命の出会い方が出来る人は、何にでもチャレンジする精神を持っています。

一度食事をしてみるだとか、相手について考えるだとか。
少しの偶然にかけてみることで、それが運命の出会いだと呼べるような関係に発展します。

ハイリスクハイリターンな関係は将来が不安です。
でもノーリスクで過ごしているとリターンが返ってくることもありません。
出来るだけ運命を増やすには、偶然からあなたが行動して運命という奇跡を呼び起こす必要があるのです。
素晴らしい出会い方がしたい方は、何事にもチャレンジする精神を持ってください。